八王子祭り

約290年前、江戸時代の享保の頃から続いている火祭り
火祭りは全国各地にあるが、この火祭りは変わっている

上半身裸の男達が真っ赤に燃えた松明で叩き合う
そうして人に取り付いている悪霊や病魔を追い払う

f0332795_08235950.jpg

[PR]
by ryu_aida | 2015-08-17 00:03 | 祭とイベント | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://ryuaida.exblog.jp/tb/24368708
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by ei5184 at 2015-08-17 06:18
これは勇ましいと云いますか、火傷をしないか心配ですね!
日本全国、色んな伝統行事がありますね~
Commented by bbex162546 at 2015-08-17 09:50
いろんな火祭りがありますが、オドロキですね。
此処だけの話ですが、相手が上司なら・・・
という不埒な事ではなく、悪霊退治ですね。
Commented by ryu_aida at 2015-08-17 21:32
eiさん、こんばんは。
始める前に水をかぶっているので、一応火傷防止は考えているようです。
松明は藁でできているので、体を二、三回叩くと火は消えますね。
Commented by ryu_aida at 2015-08-17 21:36
三友写真部さん、こんばんは。
それもストレス(=心の病魔)退治と考えれば、OKかも知れませんね(笑)
Commented by bulanchan at 2015-08-19 01:39
火祭りにも、色々あるんですね!
ここのは、ちょっと怖いですね(笑)

Commented by ryu_aida at 2015-08-19 22:55
怖そうですが、見ていると、闇雲に叩きまわるのじゃなく、
向かい合って、呼吸を合わせて、同時に相手の腕か肩を叩きます。
一方の松明の火が消えたらおしまい。
・・・そういうルールがあるようなので、そう、危険ではなさそうですね。

とはいっても、自分は参加するのは遠慮しておきます(笑)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。



<< 針の木雪渓 残暑お見舞い申し上げます >>