人気ブログランキング | 話題のタグを見る

雲龍の天井画

日野の遠久寺には、江戸期の画人による天井画がある
中でも高田敬徳による大天井画「雲龍」はすばらしいもの
 
ただ、寺の老朽化に伴い、これらの天井画は存亡の危機に立たされている
屋根や天井画の修復には1億円程掛かるが、県や市にそんな予算はない
文化財保護の観点から国による支援が望まれる
 
雲龍の天井画_f0332795_23320045.jpg
 
 
欄間も立派
 
雲龍の天井画_f0332795_23321023.jpg

by ryu_aida | 2016-10-21 00:03 | 祭とイベント | Trackback | Comments(4)
Commented by mahoroba-shahai at 2016-10-21 06:19
日本の誇れる文化遺産!
いつまでも残しておきたいものです。

税金を妙なところに使う前に・・・・・・
最近、議員さんの無駄な税金の使い方に激怒!!
Commented by ryu_aida at 2016-10-22 18:06
まほろばさん、こんにちは。

日本人のさっぱりした性格が、そういった議員や所属する政党にまた投票してしまうのでしょうね。
不正の次の市の選挙で不正議員が多くいる政党が大敗したって聞いたことがないですね。
Commented by bulanchan at 2016-10-25 00:11
この雲龍に会いに行ってみたくなりました(笑)
Commented by ryu_aida at 2016-10-26 21:43
bulanちゃん、こんばんは。

この絵を見ようと思ったら、来年になって、
桟敷窓アートの時ってことだと思いますよ。
普段は、中々、お寺に入って行って、見せて下さいなんて
言えないですからね。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。



<< 餅つき 桟敷(さじき)窓アート >>