大水の痕跡

元々、車1台が通れる林道とその横5m程下を水が流れる渓流だった
8年ぶりに行ったら、道もなくなり、だだっ広い川原になっていた
 
濁流に呑まれても倒れなかった木は枯れ木になって残っている
生え際から1.5mの高さまで上流側の皮がむけたまま
当時の大水の凄まじさがわかる
 
f0332795_00361085.jpg


[PR]
by ryu_aida | 2018-05-12 00:03 | 花と自然 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://ryuaida.exblog.jp/tb/29768557
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。



<< 源流 初夏の森 >>